お問い合わせ
Sherry Zhang

電話番号 : +0086-13761261677

WhatsApp : +8613761261677

キセノン アークの放射テストについて。

December 29, 2022

キセノン アークの放射テストは紫外、目に見えるおよび赤外線ライトを作り出すので完全な太陽スペクトルを模倣すると考慮される。
GB/T1865-1997 (IS011341と同等の:1994年は)このアプローチを詳しく記述する。但し、この方法にまた限定、試験制度のキセノン アークの光源そして複雑さのすなわち、安定性がある。キセノン アークの光源は不必要な放射を減らすためにろ過しなければならない。別の放射照度の配分を達成するため、から選ぶべき多くのフィルター ガラスのタイプがある。ガラスの選択はテストされる材料および最終的な使用のタイプによって決まる。フィルター ガラスを変えることは渡る短波の紫外線のタイプを変えることができる、従って損傷をの速度そしてタイプ変えて材料は苦しむ。3つのタイプのフィルターは一般的である:日光、窓ガラスおよび延長紫外線タイプ。
紫外線ランプの照射の老化テストは日光の有害な効果を模倣するのに耐久材料の蛍光紫外線ランプを使用する。これはつくことのための通常の冷たいけい光ランプに電気で類似しているが、異なったり目に見えるか赤外線ライトより紫外線を作り出す前に述べられたキセノンのアーク燈と。